南浦和の歯医者「モリカゲ歯科医院」のインプラント治療ページ モリカゲ歯科医院

診療時間 平日 9:00~13:00/14:30~19:30
木曜 9:00~13:00/14:00~17:00
土曜 9:00~13:00/14:30~18:00

ご予約・お問い合わせはこちら
Tel.048-884-1951

ご予約・お問い合わせはこちら
Tel.048-884-1951

Google mapはこちら

インプラント治療

  • TOP
  • インプラント治療

自分の歯のように噛めるインプラント

自分の歯のように噛めるインプラント

南浦和の歯医者「モリカゲ歯科医院」のインプラント治療についてご紹介いたします。

インプラント治療とは、歯を失った部分に人工歯根を埋め込み、その上から人工歯を装着することで歯の機能を回復させる治療法です。まるで本物の歯のような見た目と噛み心地を再現できるため、インプラントは乳歯と永久歯に続く「第3の歯」と呼ばれることもあります。

なんらかの理由により歯を失ってしまった方は、お早めに当院までご相談ください。

モリカゲ歯科医院のインプラント治療のこだわり

当院では患者様一人ひとりに合わせた治療をご提供するため、そして患者様に心からご満足いただくために、さまざまなこだわりを持ってインプラント治療を行っております。

徹底した院内衛生管理

徹底した院内衛生管理

当院では院内感染を防止するため、さまざまな取り組みを行っております。とくに、外科処置をともなうインプラント治療では徹底した衛生管理が欠かせません。治療に使用した器具はすべて洗浄・滅菌・消毒し、滅菌処置に適さないものについては可能な限りディスポーザブル(使い捨て)製品を使用しています。患者様に安全・安心なインプラント治療をご提供するため、院内衛生管理を徹底するとともに、細心の注意を払って処置を行います。

症例に最適なインプラントのご提案

症例に最適なインプラントのご提案

今日では世界中のさまざまな医療メーカーが、インプラント体(人工歯根)とインプラントシステムの開発・研究を行っています。当院では患者様一人ひとりの症例に最適なインプラント治療をご提案すべく、世界シェアトップレベルのノーベルバイオケア社製をはじめ、主要なインプラント製品をほとんどすべて取り揃えています。術後のことまで考えた上で、豊富なラインナップの中から患者様に最適なインプラントをご提案いたします。

「より確実な治療」の追求

「より確実な治療」の追求

わずかなミスが命取りとなるインプラント治療では、あらゆるシーンで精度の高い処置を求められます。そこで重要となるのが、適切な診査・診断です。当院では信頼度の高いCT撮影を行い、お口の状態を3次元的に診査・診断。骨の厚みや神経の位置まで正確に把握し、ガイドや模型を使ったシミュレーションを重ねることで、より確実な治療を実現いたします。

当院ではこれまで多数の症例を手がけてきた実績がございますが、さらなる研鑽を重ね、治療の精度を高めていく所存です。症例に応じて矯正や噛み合わせ治療なども併用しつつ、患者様一人ひとりに合わせたインプラント治療をご提供いたします。

さまざまな状態に対応できるように最新の設備を導入

さまざまな状態に対応できるように最新の設備を導入

さまざまな症例に対応するためには、各種最新設備・機器の導入が欠かせません。当院では痛みを抑えた治療が可能な「レーザー治療器」をはじめ、高周波電流を用いて痛みを緩和する「高周波治療器」、また治療に対する不安やストレスを軽減できる「笑気ガス麻酔」や「静脈鎮静法」など、患者様により高精度で快適な治療をご提供するためさまざまな設備・機器を導入しております。

インプラント以外の選択肢

インプラントは優れた治療法ですが、お口や全身の健康状態によっては治療を受けられない場合があります。しかし、歯の機能を回復させる手段は、インプラントだけではありません。当院では入れ歯やブリッジなどインプラント以外の選択肢もご提案可能です。患者様の健康状態やご希望に合わせ、一人ひとりに最適な治療を実現いたします。

インプラント以外の選択肢

入れ歯

入れ歯は、歯の機能を回復する治療の中でもとくに歴史が古く、症例数も数多く存在します。ほとんどの症例に適用でき、保険診療・自由診療からお好きな方を選択可能です。

  保険診療の入れ歯 自由診療の入れ歯
  保険診療の入れ歯 メリット
  • 保険が適用されるため、治療費を抑えられる
  • 早ければ1ヵ月で完成する
  • 壊れた場合の修理が簡単
デメリット
  • 使用できる素材や技術が限られるため、床部分に厚みがあり、装着時に違和感がある
  • 噛む力が回復しにくい
  • 見た目で入れ歯とわかりやすい
  • 健康な歯に負担がかかる場合がある
自由診療の入れ歯 自由診療の入れ歯 メリット
  • 豊富なタイプ、材料から選択できる
  • 噛み心地を追求できる
  • 本物の歯を見分けがつかないほどの仕上がりを目指せる
  • 耐久性が高い
デメリット
  • 保険が適用されないため、治療費が高額になりやすい
  • 完成までに比較的時間がかかる
  • 修理ができない、または、修理しにくい場合がある
メリット
  • 保険が適用されるため、治療費を抑えられる
  • 早ければ1ヵ月で完成する
  • 壊れた場合の修理が簡単
  • 豊富なタイプ、材料から選択できる
  • 噛み心地を追求できる
  • 本物の歯を見分けがつかないほどの仕上がりを目指せる
  • 耐久性が高い
デメリット
  • 使用できる素材や技術が限られるため、床部分に厚みがあり、装着時に違和感がある
  • 噛む力が回復しにくい
  • 見た目で入れ歯とわかりやすい
  • 健康な歯に負担がかかる場合がある
  • 保険が適用されないため、治療費が高額になりやすい
  • 完成までに比較的時間がかかる
  • 修理ができない、または、修理しにくい場合がある
当院の取り扱い自由診療入れ歯
金属床義歯 ノンクラスプデンチャー(非金属)

金属床義歯

床部分に白金加金・ジルコニア・チタン・コバルトクロムなど強度の高い金属を使用した入れ歯です。薄くて軽く、食べ物の温度が伝わりやすいというメリットがあります。丈夫で耐久性にも優れていますが、金属を使用するため、金属アレルギーの方にはおすすめできません。

ノンクラスプデンチャー(非金属)

ノンクラスプデンチャー(非金属)

弾力のある樹脂を使った部分入れ歯です。金属製のバネを使用しないため、見た目が自然で周りの歯へ負担をかけません。素材そのものの吸着力でしっかり固定されるため、自分の歯のように噛むことができます。

ブリッジ

ブリッジ

ブリッジとは両脇の歯を削って支台とし、そこへ橋を架けるようにして人工歯を固定する治療法です。素材や場所によっては保険診療となります。

ブリッジのメリット・デメリット
メリット デメリット
  • 入れ歯と比べて見た目が自然
  • 装着時の違和感が少ない
  • 保険が適用される場合がある
  • 自由診療の素材なら、より自然な見た目を再現できる
デメリット
  • 支台にするため、健康な歯を大きく削る必要がある
  • 支台となる歯への負担が大きく、将来的に歯の寿命を縮めてしまうリスクがある
  • 症状によっては適用できない場合もある

トップに戻る