豊富な入れ歯治療のご紹介

  • TOP » 
  • 豊富な入れ歯治療のご紹介

義歯を検討されている方へのメッセージ

歯を失った際に考えられる方法が3通りあります。

  1. 1.ブリッジ
  2. 2.インプラント
  3. 3.義歯

※注意! 歯の欠損が多い場合ブリッジの選択はできなくなってしまいます。

この中でもインプラントは手術を伴い長期的に安定させなければならないものなので、全身疾患や持病がある場合は処置(治療)出来ないことがあり、すべての方に対応できるものではありません。
当院では、開設当初より長年こだわり続けた“入れ歯治療”を特化させてインプラント治療を選択されない方にも快適な義歯を提供致しております。

基本的にすべての方に対応できる入れ歯ですが、欠損状態により総入れ歯・部分入れ歯などがあります。それぞれに様々な種類の義歯が存在しているということです。
患者様のニーズ(入れ歯を入れたら味がわからない、金具が目立つ、発音しにくい、浮き上がる、安定しないなど)に応じて様々なタイプの義歯を患者様と相談させていただいた上で提案、ご納得いただいたうえで真心こめて製作を行なっております。

当院では特に総入れ歯で最も難症例と言われている(顎堤が少ない、低い、または平坦)症例も積極的に治療していますので、お困りのことがあればまずは一度ぜひご相談に来てください。他の医院で治療を受けあきらめていた患者様も積極的に相談に応じさせていただきます。

最近機能面だけでなく見た目も目立ちにくい新しい入れ歯やビールの泡までも感じられる味覚を改善する入れ歯、薄くて強い入れ歯など様々な入れ歯が出ており、患者様の希望に合わせて提案致します。

歯を失ったら放置せずにご相談ください!

お選びいただくものによって特徴や費用が変わりますので、まずは一度ご来院いただき、患者さまにもっとも適した入れ歯のご提案をさせてください。

歯を失った際の治療法と選択肢

歯を失った際の治療法と選択肢

歯が失われてしまった場合の選択肢のひとつとして一般的なのが「入れ歯」です。費用が安くすみますので、多くの方が使用されています。また、保険適応外のものを選べば、金属を使わないタイプのものを選んで金属アレルギーを回避したり、見た目を良くしたりすることも可能です。

後で紹介する方法に比べると、健康な歯を削る必要がなく、比較的短期間で治療が完了するというメリットもあります。しかし、ズレや違和感、あごの骨への影響といったデメリットもあります。

部分入歯
  • 金具なし(クラスプ)※保険適用
  • 金具あり(クラスプ)※自費治療
  • アルティメットデンチャー
総入れ歯
  • レジン床※保険適用
  • スルホン床(強度がより高い)※保険適用
  • 金属床/チタン床(ビールの泡も感じられるもので、当院のおすすめ!)
  • シリコン床(痛みが少ない)

その他の方法

  • その他の方法 1
  • その他の方法 2

入れ歯以外の方法として、「ブリッジ」と「インプラント」があります。

「ブリッジ」は抜けた歯の両脇にある歯を治療して、患部と両脇の歯に取り外しのきかない被せものをして歯を補います。保険が適応されますので、患者さまの経済的負担は少なくて済むのがメリットです。
また「インプラント」はあごの骨に人工の歯根を埋め込み、そこに人工歯を被せて行う治療のことです。見た目や使用感に優れていますが、保険が適応されないのがデメリットです。

「自費治療で入れ歯」と「保険治療で入れ歯」の違い!

自費診療 保険診療
特徴

素材は金属やシリコンなど多彩で、自由に選ぶことができます。装着した際の異物感は少ないものが多く、中でも金属床のものは薄く加工されているため、食べ物の温度が口に伝わりやすい特徴があります。見た目も非常に自然な仕上がりである場合が多いと言えます。

素材は歯科用プラスチック(レジン)のみに限られます。使用感は個人差があるものの、違和感を覚える方も多いようです。また、レジンは厚めの加工となるため食べ物の温度が伝わりづらい特徴を持っています。見た目は口を開閉することで入れ歯であることが伝わってしまいます。

製作と修理期間

選ぶ素材や種類によって変わります。ものによっては非常に長期となる可能性もあります。

場合によりますが、約1ヵ月で製作可能です。修理についても短期間で完了することが多いです。

経済的な負担

保険適用外となりますので、保険診療と比べると負担額は大きくなります。

保険が適用となりますので、経済的な負担は少なく済みます。

保険診療の場合

レジン床義歯

レジン床義歯

メリット

保健適用内で出来る

デメリット

汚れが目立つ、匂いがつきやすい

熱可塑性義歯

熱可塑性義歯

メリット

従来のものより汚れにくく、割れにくい

デメリット

熱とアルコールに弱い

自由診療の場合

熱可塑性義歯

熱可塑性義歯

メリット

ネット状の針金使用で強度がある

デメリット

保険適用義歯よりは強度があるが、保険適用外

金属床(コバルト)

金属床(コバルト)

メリット

冷たい、熱いがわかる、違和感が少ない

デメリット

多少ですが重さを感じる、保険適用外

金属床(チタン)

金属床(チタン)

メリット

冷たい、熱いがわかる身体に優しい金属、違和感が少ない

デメリット

保険適用外

金属床(ゴールド)

金属床(ゴールド)

メリット

冷たい、熱いがわかる、違和感が少ない、金属を薄く出来る

デメリット

重さを感じる、保険適用外

シリコンデンチャー

シリコンデンチャー

メリット

ソフトな感触でよく噛める

デメリット

張替が必要、保険適用外

磁性アタッチメント

磁性アタッチメント

メリット

着脱簡単、違和感少ない

デメリット

症例が限られる、保険適用外

アルティメットデンチャー

アルティメットデンチャー

メリット

着脱簡単、違和感少ない

デメリット

症例が限られる、保険適用外

クリアノンクラスプデンチャー

クリアノンクラスプデンチャー

メリット

床が薄く軽量、入れ歯に見えづらい、無味無臭

デメリット

修理が難しく、多少汚れが付きやすい、保険適用外

金属フレーム+ノンクラスプデンチャー

金属フレーム+ノンクラスプデンチャー

メリット

コンパクト、入れ歯に見えづらい、安定している

デメリット

汚れがつきやすい、修理が難しい、料金が高い

トルティッシュデンチャー

トルティッシュデンチャー

メリット

繊細な味覚やビールの泡も感じられる入れ歯

デメリット

メイテナンスの手間がかかる、保険適用外

モリカゲ歯科医院の診療予約はお電話にて承ります048-884-1951

モリカゲ歯科医院の診療予約はお電話にて承ります048-884-1951