小児歯科

  • TOP » 
  • 小児歯科

子供の歯の健康を一緒に守りませんか?

子供の歯の健康を一緒に守りませんか?

乳歯は永久歯にくらべまだ弱く、虫歯になりやすい歯です。また子供は成長過程で生え替わりがあるため、子供の歯の健康を守るためのアプローチは大人の歯の治療とは異なります。

お子様からご高齢の方まで、地域の皆様のお口の健康を守るさいたま市南区、南浦和駅東口より徒歩2分の歯医者「モリカゲ歯科医院」では小児歯科にも力を入れています。小児歯科では予防を中心に子供のお口の健康を守ります。

お子様の咬合誘導治療について詳しくはこちら

モリカゲ歯科医院のお約束

お子様の口腔内を対象とする小児歯科では、将来までも見据えたうえでのご提案や治療が不可欠です。

保護者の方の立場とお子様の気持ちを汲み取り、将来的に何がベストなのかを、歯科医学的に解析し、ご提案させて頂きます。

1.歯科治療に関して

初めての歯の治療というのは、大人でも不安を感じ緊張するものです。ましてやお子様ならば、尚更でしょう。
会話から始まり、気持ちがうちとけてから治療を開始します。

2.歯科治療内容の説明

口腔内環境の状況や虫歯の放置の結果がどのような結果を招くのかをご説明します。
そして、今の症状にあったベストな治療法を、保護者の方やご本人にご理解して頂いたうえでご提供させて頂きます。

3.治療態勢

お子様の歯の治療の際には、保護者の同席が可能です。
お子様がどのような治療を受けているかを確認する事ができます。
そのことにより、ご家庭でのお子様へのケアもしやすくなります。

4.顎の発育とかみ合わせについてのご提案

現代世代で成長していくお子様の歯は、「今すぐに」問題はなくても大人になるにつれて問題が出てくる場合があります。そこで当医院では、正しい成長を見据えた咬合誘導治療を取り入れています。
お子様の歯と健康に真面目に取り組んでいます。

虫歯予防のポイント

その1:歯が生え始めたら歯医者さんへ

歯が生えたときから誰にでも虫歯のリスクは生じます。まず歯医者さんに行って虫歯予防のための処置を行ったり、口腔ケアのポイントについて確認したりしましょう。

その2:おやつや食事は規則正しく

お口の中が汚れていると虫歯が発症・進行しやすくなります。おやつや食事はダラダラ食べず、規則正しく摂って、お口がきれいな時間をできるだけ増やしましょう。

その3:糖分は控えめに

糖分は虫歯の原因菌のエサになります。アメやチョコレート、キャラメルなどのおやつは糖分が残りやすいので虫歯が心配です。虫歯予防のためにはノンシュガーやキシリトールを使用した食べ物を選びましょう。

その4:食後はお口をきれいに

「食べたらみがく」を習慣にすることが大切です。ブラッシングができない場合は口をゆすぐだけでも虫歯予防につながります。

お子様のこんなクセに要注意

骨格が遺伝するように歯並びも遺伝することがあります。そのほかにちょっとしたクセも歯並びに悪影響を与えることがあるのです。次のようなクセがあるときは、できるだけ早く直してあげましょう。

頬づえ 指しゃぶり 口呼吸
頬づえ 指しゃぶり 口呼吸
頭の重さがかかるので、噛み合わせのバランスがくずれたり、骨格がゆがんだりすることがあります。 指しゃぶりを長く続けていると出っ歯の原因になることがあります。 口呼吸をしていると口の中が乾燥し、虫歯や歯周病のリスクが高まります。
爪や唇を噛む 丸飲み 舌癖
爪や唇を噛む 丸飲み 舌癖
爪を噛んだり、唇を噛んだり、タオルを噛んだりすると歯や歯ぐきに負担がかかり、出っ歯や受け口の原因になります。 よく噛まずに食べていると顎や顎関節の正常に発達しづらくなります。よく噛まないと唾液の分泌が悪くなり虫歯のリスクを高めます。 舌で歯を押すクセがあると歯並びが乱れたり、舌の位置が定まらなかったりして歯並びや噛み合わせを乱すことにつながります。
頬づえ 頬づえ 頭の重さがかかるので、噛み合わせのバランスがくずれたり、骨格がゆがんだりすることがあります。
指しゃぶり 指しゃぶり 指しゃぶりを長く続けていると出っ歯の原因になることがあります。
口呼吸 口呼吸 口呼吸をしていると口の中が乾燥し、虫歯や歯周病のリスクが高まります。
爪や唇を噛む 爪や唇を噛む 爪を噛んだり、唇を噛んだり、タオルを噛んだりすると歯や歯ぐきに負担がかかり、出っ歯や受け口の原因になります。
丸飲み 丸飲み よく噛まずに食べていると顎や顎関節の正常に発達しづらくなります。よく噛まないと唾液の分泌が悪くなり虫歯のリスクを高めます。
舌癖 舌癖 舌で歯を押すクセがあると歯並びが乱れたり、舌の位置が定まらなかったりして歯並びや噛み合わせを乱すことにつながります。

子供の歯並びが悪いと起こるデメリット

虫歯や歯周病になりやすくなる 食べ物の栄養吸収が悪くなる
お口の自浄作用がはたらきにくくなり、ブラッシングでも汚れを落としにくくなってしまうと虫歯や歯周病にかかりやすくなります。 食べ物をしっかり細かく咀嚼できないので、栄養の吸収が悪くなり、健康だけでなく成長においても心配です。
お口の中のケガが起きやすい コンプレックスになる
歯並びが乱れていると口の中の粘膜をケガしやすかったり、転んだときに歯を折りやすかったりことがあります。 目立つ歯並びだとからかわれてしまうことがあり、笑ったり話したりが億劫になってしまうことがあります。
虫歯や歯周病になりやすくなる お口の自浄作用がはたらきにくくなり、ブラッシングでも汚れを落としにくくなってしまうと虫歯や歯周病にかかりやすくなります。
食べ物の栄養吸収が悪くなる 食べ物をしっかり細かく咀嚼できないので、栄養の吸収が悪くなり、健康だけでなく成長においても心配です。
お口の中のケガが起きやすい 歯並びが乱れていると口の中の粘膜をケガしやすかったり、転んだときに歯を折りやすかったりことがあります。
コンプレックスになる 目立つ歯並びだとからかわれてしまうことがあり、笑ったり話したりが億劫になってしまうことがあります。

モリカゲ歯科医院の小児歯科メニュー

ブラッシング指導

ブラッシング指導

お子様の成長段階に合わせてブラッシング指導を行います。親御様には仕上げみがきのコツのポイントをお伝えしますので、毎晩のケアにつなげてください。

シーラント

シーラント

奥歯の噛み合わせ面にある深い溝は食べかすがたまりやすく虫歯になりやすい部位です。そこをあらかじめレジン(歯科用プラスチック)で埋めて虫歯を予防します。

フッ素塗布

フッ素塗布

歯質を強化して、歯の再石灰化を促すはたらきが期待できるフッ素を歯面に塗布します。虫歯予防のためには定期的なフッ素塗布がおすすめです。

過剰歯の抜歯

過剰歯の抜歯

通常の本数よりも余分に生えてくる「過剰歯」は歯並びや噛み合わせを乱す原因になりがちです。そのためほとんどの場合抜歯が選択されます。

南浦和駅東口より徒歩2分 モリカゲ歯科医院の診療予約はお電話にて承ります048-884-1951

南浦和駅東口より徒歩2分 モリカゲ歯科医院の診療予約はお電話にて承ります048-884-1951