歯周病

  • TOP » 
  • 歯周病

歯ぐきの腫れや出血……そんな症状に気づいたらお早めにご相談ください

歯ぐきの腫れや出血……そんな症状に気づいたらお早めにご相談ください

歯周病とは、歯垢(プラーク)に潜む歯周病の原因菌によって歯ぐきに炎症を起こし、歯を支える顎の骨を溶かしていく病気です。初期段階ではほとんど自覚症状がありませんが、治療しないと歯が抜け落ちてしまうことにつながるこわい病気で、日本の成人が歯を失う原因の第1位です。

地域の皆様のお口の健康を守るさいたま市南区、南浦和駅東口より徒歩1分の歯医者「モリカゲ歯科医院」では、この「国民病」とも称される歯周病の治療に力を入れています。歯ぐきの腫れやブラッシング時の歯ぐきからの出血、強い口臭などに気づいたら、できるだけ早くご相談ください。

歯周病の進行段階

歯肉炎 軽度歯周炎 中等度歯周炎 重度歯周炎
歯肉炎 軽度歯周炎 中等度歯周炎 重度歯周炎
歯ぐきの炎症が起きている状態で、ブラッシングの際に出血することがあります。 歯を支える顎の骨が溶け始めた状態です。冷たい物がしみることがあります。 顎の骨の半分ほどが溶かされ、歯が浮くような感じや強い口臭が現れます。 顎の骨の3分の2以上が溶かされた状態です。放置すると歯が抜け落ちることにつながります。
歯と歯ぐきの溝の深さは3mm程度です。 歯周ポケットが4mm程度になります。 歯周ポケットは6mmほどの深さになります。 歯周ポケットの深さは8mm程度になります。
歯肉炎 歯肉炎 歯ぐきの炎症が起きている状態で、ブラッシングの際に出血することがあります。 歯と歯ぐきの溝の深さは3mm程度です。
軽度歯周炎 軽度歯周炎 歯を支える顎の骨が溶け始めた状態です。冷たい物がしみることがあります。 歯周ポケットが4mm程度になります。
中等度歯周炎 中等度歯周炎 顎の骨の半分ほどが溶かされ、歯が浮くような感じや強い口臭が現れます。 歯周ポケットは6mmほどの深さになります。
重度歯周炎 重度歯周炎 顎の骨の3分の2以上が溶かされた状態です。放置すると歯が抜け落ちることにつながります。 歯周ポケットの深さは8mm程度になります。

歯周病が身体におよぼす影響

歯周病が身体におよぼす影響

お口の中だけの病気だと思われがちな歯周病ですが、全身の健康にも悪影響をおよぼすことがわかってきています。糖尿病や心疾患、肺炎のほか低体重児出産や早産の確率も高めてしまうという報告があります。

【歯周病と関連があるとみられる全身疾患】
心疾患・肺炎・糖尿病・早産・低体重児出産・骨粗しょう症など

検査方法

ポケット検査 歯の揺度検査 レントゲン検査
進行につれ歯周ポケットが深くなるので、歯周ポケットの深さを測定することで歯周病の進行度合いをチェックします。 進行するにつれ歯を支える顎の骨が破壊されていくので、ピンセットで歯を揺らし、どの方向にどのくらい動くかをチェックします。 歯を支える顎の骨の状態を確認するためにレントゲン撮影を行います。
ポケット検査 進行につれ歯周ポケットが深くなるので、歯周ポケットの深さを測定することで歯周病の進行度合いをチェックします。
歯の揺度検査 進行するにつれ歯を支える顎の骨が破壊されていくので、ピンセットで歯を揺らし、どの方向にどのくらい動くかをチェックします。
レントゲン検査 歯を支える顎の骨の状態を確認するためにレントゲン撮影を行います。

治療方法

スケーリング・ルートプレーニング

スケーリング・ルートプレーニング

歯と歯ぐきの溝にこびりついた歯石や歯垢を除去し、仕上げに歯根を滑らかにみがいて汚れの再付着を防ぎます。

レーザー治療

レーザー治療

歯周病の原因菌によって炎症を起こしている歯肉部分にレーザーを照射します。基本的に無痛なうえ、副作用が少なく止血効果があり、細菌の除去が可能です。

歯周ポケットそうは術

歯周ポケットそうは術

局所麻酔後、特殊な器具で歯周ポケットの奥の歯垢や歯石を除去して、歯周病に感染した歯ぐきの一部も取り除きます。

フラップ手術

フラップ手術

局所麻酔後、歯ぐきを切開して歯根を露出させてから、こびりついている歯石や歯垢を除去します。歯周病に感染した歯ぐきの一部も除去してから歯ぐきを縫合します。

GTR

GTR

歯周病によって破壊された歯を支える顎の骨を再生させるため、感染部位を除去したあと特殊な膜を設置してスペースを確保して歯周組織の再生を促します。

エムドゲイン

エムドゲイン

GTR同様、歯周組織再生療法のひとつです。顎の骨を再生させたい部位にエムドゲインゲルを注入し歯周組織の再生を促します。

歯周病原因菌遺伝子診断

当院は、歯周病原因菌遺伝子診断認定歯科医院です。
歯周病の原因菌は特殊な方法で診断する必要があります。そのために当院では顕微鏡検査と遺伝子検査を行います。
顕微鏡にて歯ぐきの菌の状態を検査し、次にリアルタイムPCRという歯周病菌DNA検査を行います。
検査後はお薬を服用する内科的歯周病治療へと進んでいきます。
歯周病原因菌の中には顕微鏡では確認できないものもあるため、年に1回は遺伝子検査をお勧めしております。

この遺伝子検査(リアルタイムPCR法)は、一般社団国際歯周内科学研究会の付属施設「Microexam社」に委託しております。

歯周病は発症や進行のメカニズムが解明されている病気ですので、適切なケアにより予防できます。予防の基本は毎日のセルフケアです。そこに加えていただきたいのが歯科医院での定期検診です。予防のため、そして再発防止のために積極的に予防歯科を活用してください。「モリカゲ歯科医院」は地域の皆様のお口の健康を守るため、予防歯科での定期検診をおすすめしています。

モリカゲ歯科医院の診療予約はお電話にて承ります048-884-1951

モリカゲ歯科医院の診療予約はお電話にて承ります048-884-1951